2023年1月8日日曜日

レッスン  ~連休中日

本日も快晴のパノラマです。 

ゴンドラ山頂を出てすぐの建物脇にはアイスクライミングの体験コーナー「サミットフォール」がこの連休よりはじまっておりました。

場所がゴンドラやリフト横ということもあり、皆様が見上げていきますので、登っている人はテンションが上がるそうです(笑)

本日のレッスンは午前中で、参加いただいたのはKさんです。

初心者向け講習会の予定でしたが、連休中日ということで皆様敬遠したようです。
申し込みが無かったので、急遽予定変更で通常の半日レッスンとなりました(笑)

「運動が苦手でした」という話題が出ましたので、これは後日またブログに書こうと思います。

さすがに、三連休の中日ですね。
朝のうちはそうでもなかったのですが、10時過ぎくらいから、皆様どどっと押し寄せてきたみたいです。
写真のように未舗装の第4駐車場も完全に埋まりました。

しかし今日はこれどころではなく、この下の臨時駐車場がゆーとろんの手前までいくつも埋まっていてシャトルバスが巡回しておりました。
ちょっとしたお祭り気分なパノラマでした(笑)



2023年1月7日土曜日

講習会  ~ターンの仕組み

今日はあらかじめテーマを決めた講習会。

初心者向け講習会の2回目のテーマは「ターンの仕組み」です。

参加いただいたのはYさんとSさんです。
何故か最後には昨日参加いただいたNさんも加わっての1日となりました(笑)
そもそも、スポーツの中で言う「運動の仕組み」というのは後付けの理屈で、ご本人の感覚に拠るところが一番なのですが、やはり大人になると理屈から入らないと納得できませんので一般論から進めております(笑)

ターンの要素は、おおまかに分けると、「荷重」「角付け」「回旋」と言われています。

特にこの中でも「荷重」の感覚は、止まっている時と、滑っている時では別物になりますので掴みづらい感覚だと思います。
スキーと一緒に進んでいかないと「荷重」することができないんです。

恐怖心との闘い、と感じるか、ただの”慣れ”と感じるかが分かれ道なんですね(笑)

また、スキーの推進力は重力によって坂を落ちていく力ですので、これを効率よく使わないと無駄に疲れてしまいます。
頭では理解できることなのですが、特に初心者の頃は、身体がこの落ちていくことを全力で拒絶します(笑)
結果として、荷重できない、動けない、足元が軽い、といったことにもつながってしまいます。

今日も皆様リフトが終わる直前まで滑っておられました(笑)
お疲れさまでした!



2023年1月6日金曜日

レッスン  ~1日

本日のレッスンは1日で、参加いただいたのはNさんです。

遥々と遠いところからありがとうございます。
今シーズンもよろしくお願いいたします!

シーズンはじめですので、緩やかなファミリーゲレンデ中心で、前に進んでいる感覚を実感していただきました。

積極的に前に進むことによってだけ、スキーは本来の性能を発揮してくれます。
プルークなら前に進めるけど、またはパラレルなら腰が引けないんだけど、テレマーク姿勢になった途端に訳がわからなくなる、という話はよく聞かれます(笑)
特にシーズン初めには、テレマーク姿勢でも立ち止まろうとせずに前に向かって進む感覚を、ぜひとも緩斜面や深雪などスピードが出てしまわない斜面で感じ取っていただけたらと思います。


本日のお昼はエビマヨネーズ定食。

衣つきの海老のため、見た目よりボリュームがありました(笑)





 

2023年1月5日木曜日

レッスン  ~1日

平日営業に戻った今朝のパノラマです。

...すいております(笑)

こんな日は安心していつもよりスピードアップできますので、本日の講習会テーマは「カービング」です。

とは言っても身構える必要はありません。
エッジに向かって体重を乗せ続ける感覚を掴むだけですから!

本日参加いただいたのはHさんお一人です。

なので、こんな日ですから、おもいきって滑っちゃってください!

プルーク、パラレル、テレマークと順を追ってフォールラインに向かってエッジに体重を乗せ続ける感覚を掴んでいただきました。
Hさん、だんだんとスピードも上がって調子もあがってきましたね!

混んでると他人が気になってしまい、感覚を掴むところまでたどり着けないのですが、こんな日ならば集中できますよね。
結局、リフト終了直前まで滑っていたHさんです(笑)

テレマークを始めて3シーズン目になりますが、ブレークスルーはやって来ましたでしょうか?
今シーズンもまたよろしくお願いいたします。


そして、帰り際の八ヶ岳。

山も良さそうな今日この頃です!




2023年1月4日水曜日

レッスン  ~1日

今朝も快晴のパノラマです。 

本日のレッスンは1日でYさんです。今年もレッスン回数券での参加を表明いただきました。

レッスン回数券はこちらをご参照ください→

今シーズンも秋までよろしくお願いいたします(笑)

Yさんはこの冬の初滑りでした。

やっぱり、日常と異なり冬の野外ですから寒いですよね(笑)

慣れるまで、ボチボチと休息しながら進めております。ゴンドラ山頂のストーブ前は平日ならば憩いの場所ですね!

しっかりと体重がかかっているところ、エッジで踏みしめているところを探していただきました。
この、しっかりと立っている感覚から前傾していき滑り出していただくと不安なく滑れると思います。


2023年1月3日火曜日

講習会  ~姿勢を確認

正月の3日、今朝もゲレンデは賑わっております。

特にスキースクールの方は大忙し、キャンプ、一般大人のレッスン、そしてお子様と、時間をずらして集合しております。

写真は最後のお子様中心の集合時間。
慣れないスキーに悪戦苦闘中ですね(笑)

 

本日は初心者向け講習会として、まずは姿勢から、という内容でした。

参加いただいたのはTさんとSさん、お二人とも初心者ではないですね(笑)
テレマークターンで落ち着くところまで、繰り返し試していただいております。

スキーの基本姿勢と呼ばれる、軽く前傾したニュートラルな姿勢から、プルークボーゲン、テレマーク姿勢と、同じ感覚で進めていただくところがポイントとなります。

感覚としては、前(フォールライン方向)に向かって進み続ける気持ち、です。
立ち止まろうとしないところに、答えがあります(笑)

しっかり滑り込んでいただいたお陰で、帰り際には赤く染まった八ヶ岳が待ち構えておりました。

皆様お疲れさまでした!



2023年1月2日月曜日

お正月

お正月も2日目、新年を迎えても、安定の晴天の日々が続いているパノラマです。

これだけの晴天ですと朝のゴンドラは山歩きのお客さんが多いです。
山初めに入笠山、というのもありですね。 

お昼前のレストラン前はこんな状況です。

ゲレンデが混みあうのは、1月は2日と3日、そして連休の中日です。
あとは3月の連休、春休みの頃ですね。

なので、今日は想定内。(笑)

お昼時でもリフト待ちの列は途切れませんでした。
それでも、バブルの頃のようなことはあり得ませんので、滑るスペースは必ずあります!(笑)

まだ開いていない最後のゲレンデ、ラーチゲレンデは今こんな状況です。

プライズ検定や春のコブ斜面となるこちらの斜面も、今シーズンはしっかりと雪をつけていくようです。


2023年1月1日日曜日

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

元旦もいつもどうり、通勤電車に揺らております。

...こちらの電車は空で揺られますけど(笑) 

山頂に上がると、今朝はやっぱり富士山を探してしまいます。

お正月はやっぱり富士山ですね!
一富士、二鷹、三茄!

今晩は良い夢が見れそうです(笑)
ゲレンデで一番の富士山ビューポイントはこちらの第5リフト降り場。

甲斐駒、鳳凰三山、富士山と並んでおります。

年末年始で唯一すいているのが元旦の午前中。そして混むのは2日終日と3日の午前中...
皆様、明日は覚悟してお越しください。

...いずれにしても、快晴の下で八ヶ岳が皆様をお待ちしております!