2019年7月14日日曜日

雨  ~自主練

今朝は雨。
富士山は雲の向こうです。

本日はレッスンの申し込みもありませんので、完全に自主練習モードでウキウキと”ふじてん”に向かいます。

何気に、このような夏の自主練習が、自分自身イントラとしての血となり肉となってきていることを実感できている今日この頃です。


そんな訳で、練習は非公開にて、映像はお出しできません(笑)


雨の日のサマーゲレンデ、僕はけっこう好きです!

...ゴアテックスのレインウエアが前提ですけど(笑)

2019年7月13日土曜日

ふじてん  ~週末営業中

今朝の河口湖大橋からのパチリ。
微妙な天気ですが、富士山は見えてます。

今年も夏の富士山に向かう日々がはじまっております。
...でもサマーゲレンデは7月26日までは週末だけの営業です。
もうちょっとですけど、我慢ですね。
夏も頑張る”お蕎麦屋”Fさんです。
裏磐梯でローラースキーの修行を積まれており、以前よりも堂々と滑れておりました。

スキーの様々な要素が、軸を意識する、というところに集約されていることを確認されて、迷いが減っている印象でした。
斜面変化の部分も積極的に斜面に向かっていき、結果としてしっかりとエッジが使えるようになってきております。
いいですね~。

体育会系でガンガンと言ってもらった方がいい、そんな方は、ぜひ裏磐梯のテレマークスキー塾の門を叩いてください。
夏もローラースキーでガッツリとトレーニングできます。裏磐梯テレマークスキー塾のホームページはこちら→

さすがに、夏もスキーのレッスンを受け付けているスクールって、テレマークでは少ないんです。

なお、僕の方は理屈優先の方にお勧めいたします。
...なにせ、”インドア派”、ですから(笑)

2019年7月11日木曜日

軸を意識して

”ふじてん”サマーゲレンデは26日までは週末だけの営業のため、平日は畑から帰った後、悶々と過ごしております(笑)
そんな時はスキー関連の本やDVD、動画などを見ておりますが、今日は以前に紹介させていただいた動画が目に留まりました。

パノラマスキースクールのイントラさんで、”Kokochi ski academy”さんの動画です。
もう5年も前の動画で、もちろん現在は遥かに進化されております。
ちなみにこの映像の時点ではテレマークは5日目でした(笑)


さすがスキーの有資格者の方ですのできっちりとポイントを整理されて綺麗に滑られてますね。
こちらで、あらためて感じたのが、スキーの上手な方がテレマークスキーをされる時、最初は敢えて、伸び上がり抜重をするように、軸を意識して立ち上がっていただいた方が、アルペンスキーにできて、テレマークスキーにできないことを理解しやすいのではないかということなんです。

ーーーーーーーー

カカトを固定している普通のスキーでは、脛を押していくように前傾していけばいくほど、スキー板の先端から重さをかけることができます。
身体全体で、てこのようにしてトップを落としていくことも可能です。

しかし、テレマークではこれができません。カカトが浮いて重さをかけられないからです。ブーツとスキー板が一体となって圧をかけていたものが、突然離されてしまうのでとまどってしまいます。

一般のスキーヤーがテレマークを履いてもゲレンデでは前転することはまずありえませんが、上級者のアルペンスキーヤーだと簡単に前転してしまうのはこのためです。
そして、前傾したいのにできないので前の方に向かってどんどん潰れて(しゃがみこんで)いってしまいます。
もちろんそれでもアルペンスキーと同じ感覚には至りませんので、「テレマークってよくわからない!」と言われてしまうことになります。

板とブーツが一体となってしなっていくようなアルペンスキーとは異なり、どちらかというとスケートボードやサーフィンのような乗り物なので、上から斜面(スキー板)に垂直方向へ押し続けることがポイントです。

このため、上級者の方ほど、敢えて、伸び上がり抜重をするように立ち上がって軸の方向を意識していただいて、このニュートラルなところから踏みつける位置を確認してからターンに入っていただくとテレマークターンの特徴がわかりやすいのかな、と思います。

ーーーーーーーー

逆に言うと、スキー経験の浅い方ほど、伸び上がらずに前に突っ込む練習をした方が、実は上達が早いのかな、とも思ってます。
伸び上がろうとすると、だいたい後ろに向かって反り返ってしまいますので。(笑)

長々と文章で書いてしまいましたが、後日、整理して図にします。
どうぞよろしくお願いいたします。




2019年7月9日火曜日

スケートボードも

先日、スケートボードを使って、どうしても後傾してしまう原因を探ってみました。
ブログページへ →

僕は、この説明のためドンキホーテに買いに行ってきたのですが、テレマークのイントラ仲間では夏の間スケートボードで実際に楽しんでいる方がいらっしゃいました。
富山県あわすのスキー場でイントラをされている八幡さんです。
いつもお世話になっております!

写真は先日の乗鞍でのひとコマです。クルージング用の長いボードでお洒落に楽しまれておりました。

「普通の長さだと子供達のように飛び跳ねなければいけないような脅迫観念に襲われるので、長い奴を選んでます」とのことです(笑)

なんか、大人な感じでいいですね。

ちなみに、このボードは5万円程だそうです。
もちろん、”ドンキホーテで¥999”とは全く別な乗り物でした(笑)

こんな、ちょい悪オヤジ的な夏の過ごし方もありですね!
皆様、いかがでしょうか?

2019年7月7日日曜日

ふじてん、始まりました!

”ふじてん”サマーゲレンデが昨日より始まりました!

7月26日までは週末だけの営業です。

今年もこの緑の斜面をリフト上から眺める非日常的な日々がはじまります(笑)
本日は終日雨でした。
お陰様でゲレンデはすいておりました。

サマーゲレンデは水を撒いて滑走性を上げておりますので、雨の日は文句なしに滑ります。雨の日こそ、サマーゲレンデなんです...練習と割り切れますし。(笑)
雨の中、最後まで頑張っていただいたのは、今年テレマークをはじめたばかりのKさんです。
なのに、夏も練習モード全開で参加いただきました。ありがとうございます!
長距離ランナーで体力には自信ありとのこと、この夏でどれだけ進化するか楽しみですね。


SMDCの皆様、ゲレンデ状況を報告させていただきます。

マットが禿げていたところは交換済みですので安心して滑れます。いつまでもつかは微妙ですので、マットが禿げだす前にサマーゲレンデに慣れておくことをお勧めします(笑)

コブの上のウエーブも若干コブのように斜めになっておりますが斜度がないため左右にふると止まってしまいます。
昨年同様に、ウエーブとして入った方がいいかもです。
コブの方は例年どうりでした。

この夏も、”ふじてん”サマーゲレンデでお待ちしております!

2019年6月25日火曜日

なぜ後傾してしまうのでしょう?


大人になってからスキーをはじめると、10人中9人は「後傾しているよ!」と言われてしまいます(笑)

頭では理解していても、いざ滑り出すと身体が遅れてしまって身動きがとれなくなってしまうんです。
これがスキーの本当に悩ましいところでもあります。

この原因を、これからは夏になりますので、スキー以外のものを使って説明してみました。(笑)


このように、原因は、”そこに立ち止まろうとするから”、だと思うんです。

立ち止まりたいんだけど...板だけ先に行ってしまう感覚、これが初心者の時に感じる恐怖感にもなっている、かと思います。
また、立ち止まろうとするので、「深雪で浮いてこないんです」、とか、「コブで横を向いてしまうんです」、とかのように楽しさを味わいきれないことにもつながります。

ぜひ、この夏は、板と一緒に”前に進む”感覚を探していきましょう!
...別に、スケボーをしましょう!と言ってる訳ではないですからね、念のため(笑)


2019年6月24日月曜日

そして、今週の日々...

 

 

 

ブドウ畑な日々はラストスパートに入りました。
来週からは、これまた近所の”桃の共選所”のお手伝いに呼ばれております(笑)

今年の「桃のお土産つきサマーゲレンデレッスン」は7月27日になりそうです!
また確定しましたら告知させていただきます。
昨年の様子は、こちら → 

2019年6月18日火曜日

先週の日々

 

 

 

先週のお昼。
NHKラジオで「昼の憩い」が聞こえてきそうな日々です。


2019年6月10日月曜日

昨日の写真

昨日の写真をKさんからいただきました。
Kさんありがとうございます。


左の写真は、最後に位ヶ原山荘のバス停まで屋根板を滑り降りるところです。

...しかしこれは怪しい人ですね(笑)

なにせ、バスで大雪渓まで上がれるとなると、いろんな物を持ち込みたくなるんです。特にこれから夏になると、普通に椅子やビーチパラソルなんかを持ってくる人達もいますから、クロカンなんて可愛いものだと思ったのですが。(笑)

でも、もう、下のバス停までは滑り降りない方が良さそうでした。
報告まで。

2019年6月9日日曜日

乗鞍  /蚕玉岳まで

「第二回テレキャンプ」の2日目。

大雪渓は霧雨とガス、完全に雲の中です。

しかし今日は大勢の皆様がバスを降りて板を履いております。
この天気の中、これだけ大勢の人が登るとはアルピコ交通の運転手さんも予想していなかったことでしょう(笑)

前は見えませんが何とか稜線までたどりついた4人です。
今年テレマークをはじめたKさんと、野麦チームのSさんとMさんです。
今日はTさんの希望での山頂で、”テレキャンプ”の皆様とは別に行動させていただきました。
それにしても梅雨に入ったとたん、一気に岩肌が出てきておりました。地形も違って見えて悪戦苦闘の登坂でした。
さあ、滑走開始です。

本日のメインのKさんです。
今シーズンのレッスンの成果を試すべく、今日はチャレンジしていただきました。

この状況ながら、笑いながら滑っていただきましたので、もう、大丈夫でしょう!
視界20m程度でのSさんの滑り。
BCクロカンながら、相変わらず安定しております。
ガスが切れたあたりからのMさんの滑り。

活きのいい滑りで攻めております。野麦で練習を積まれてきましたね。
この荒れた斜面でも、いい感じです!

でも、視界が良くなると今度は雨に...
視界の無い登坂、雨の中、縦溝の中の滑走ととんでもない条件の中、皆様、満面の笑顔で位ヶ原の屋根板付近でパチリ。

実は、壊れてしまったのでしょうか?(笑)
ちなみに、3時過ぎのバスで位ヶ原山荘前は僕達だけでした。

この悪条件の中、これだけ笑って楽しめる皆様は素敵です(笑)
本当にお疲れさまでした!






2019年6月8日土曜日

乗鞍  /第二回テレキャンプ

今日と明日は乗鞍で「第二回テレマークスキーキャンプ」に参加させていただいております。
吉田様、南籐様を中心に、TAJを創設された方々や、往年のレーサーの方々が参加されるテレマークイベントなのですが、生憎の雨です...
半分ぐらいの皆さんでバスに乗ったのですが、そのほとんどがそのまま乗車で、大雪渓に残されたのは4人だけでした。(涙)

バス停前から登りはじめたら雨はいよいよ本降りに...

なので、肩の小屋で本日の打ち止めにいたしました。
残念ですが、なにせ風まで吹いてきたのでもう無理です。寒いです。

大人しく下山しましょう!

雨の中、貴重な写真を撮っていただいたTさんです。
ありがとうございます!

また、晴れた日に行きましょう(笑)
下山して温泉から上がった頃には快晴に。
絶好のキャンプ日和でした。(笑)

皆さん昼前から楽しそうに飲みはじめていた模様...
さあ、負けないように飲んできます!
皆様よろしくお願いいたします!

2019年6月6日木曜日

飽きた?

 

 

今年は、早くも冷凍食品のお弁当に飽きてきた気配...

何か、打開策を打ち立てなければ健全な労働が保証されません。
というか、つっこみどころは皆様の考えているとおりだと思います(笑)

2019年6月4日火曜日

乗鞍  /SMDCの皆様

今日は年に一度のSMDCの皆様の乗鞍滑走に参加しております。

僕にとってはこの日は”クロスカントリースキーダウンヒルテクニック”を実践する日でもあります(笑)

肩の小屋口バス停にて準備をする皆様です。
今日はどうぞよろしくお願いいたします。
それぞれ自分のスタイルで登ります。

登りだけならクロカンは快適ですね。
あくまで、登りだけなら...ですが(汗)
本日も剣ヶ峰でしっかりとお参りを済ませました。

祈願している内容は秘密です(笑)
そして、いよいよ滑走開始!

稜線から覗く雪渓はけっこう急斜面なんです。
まずは、兎に角、おもいきりが大事!(笑)
えいや!

気合が伝わるひとコマ。
けっこう凸凹なのですが、皆様、いきおいで行ってしまうのはさすがですね。
今日も無事に滑り終えることができました。

ちなみに、僕のカメラですので、僕が転びまくっている映像は残っておりません(笑)
今年もクロカンチャレンジはハードな1日でした!

2019年6月2日日曜日

選りすぐり

今日はぶどう畑でのひとコマ。


ほっとくとぶどうの房はこんな感じになります。
高級ぶどうも、ほっとけば山葡萄状態なんです。(笑)

...で、人間が手を加えるとこうなります。

まず2/3の房を捨ててしまい、残った1本の房の先端のごくごく一部分をだいじにだいじに育て上げます。

冷静に見たら、商品になるのは3パーセント以下なのかもしれない...
贈答品のぶどうは、超、超、超エリートなんです(笑)